↓2018年度の苦情解決 |  ↓2017年度の苦情解決 |  ↓2016年度の苦情解決
2018年度の苦情解決

苦情として寄せられたケースはありませんでした。


↑上へ



2017年度の苦情解決

(1)2017年4月4日(火)

《内容》
降園時の子ども同士のいさかいに、園が対応してくれなかったことに対する不満が保護者から寄せられる。

《対応》
事後、関わりのあった3家庭それぞれから園長が話を聞く。そののち保護者からの希望があったため、園長が同席して話し合いの場を持った。


↑上へ



2016年度の苦情解決

(1)2016年6月16日(木)

《内容》
午前8時ごろ、保育園東門向かいの方が、登園の車が自宅車庫の真ん前に駐車し、車が出せなかった。目が合ったが会釈もせず態度が悪かったとの苦情を園に言って来られる。

《対応》
ご迷惑をおかけしたこと、保護者の態度に不快な思いをさせたことを園長からお詫びする。
7月の園だよりで、再度駐車時のルール徹底を呼びかける。


(2)2016年7月25日(月)

《内容》
登園時、分園の廊下で、ガラスではないかと思うもので手足を切ったのでよく見てほしいと在園児祖母より電話がある。

《対応》
祖母の説明ではガラスの破片などは見当たらず、傷口からガラスと思われるとのことだった。分園で7月23日(土)の大掃除で不要のガラスを袋に入れ、割って処理をしており、その時の小片かもしれないと思われる。園長から祖母に電話し、土曜日の作業の経緯とお詫びを伝える。廊下はすぐに目で再度確認したのち、掃除機をかける。
苦情解決委員会にも報告、今後ガラスを処分するときは、園で割らずに捨てることにする。


↑上へ



←前のページへ戻る